Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1] はじめまして

西本智実さんの名前につられて訪れました。
わたしもコンサート行きました。とても良かったですね。
おっしゃる通り、拍手のタイミングがいまいちでしたがそんなことで西本さんは気分を害されたりはしないと思います。協奏曲ではソリストの演奏で盛り上がると第1楽章のところで拍手があることを良く経験します。(チャイコンとか...)本来はすべて終わった時点での拍手がいいと思いますが、いまの演奏に対してすごい!と思って思わずたたえる拍手になるのだと思います。(東京の有名なホールでさえありました)
最近のクラシックブームでふだん聴き慣れない人が会場に足を運んでこられるのも事実だと思いますが、クラシックの裾野が広がるとTVでおっしゃっていたように思います。きっと拍手をした人も次はすべて終わってからされるようになると思います。あまり、ルールがありすぎて、クラシックのハードルが高いのもどうかと思います。

悲愴のあとのアンコールはきっと昼の公演だったのでホールの都合だと思います。拍手の最中で天井の電気がついた時西本さん天井を見上げられましたから...夜で、その後ホールの予定が無ければきっとあったと思いますよ。

ただ、「ブラボー」はないよな...と私もちょっと思いました。

長々と失礼しました。
  • 2010-12-01 22:29
  • ヴァイオリン大好き
  • URL
  • 編集

[C2] Re: はじめまして

ブログへの訪問,そしてコメントありがとうございました。
西本智美さんのコンサートよかったですね。ずっと指揮に見とれていました。
拍手の件は,私のぼやきです。
『悲愴』の4楽章の前は,シーンとした間が欲しかったなあ・・・と思ったわけです。
  • 2010-12-02 11:32
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/62-9243bd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西本智美 with ラトビア国立交響楽団

2010年11月23日

西本智美のコンサートに行ってきました。
プログラムは
ワーグナーの『ニュルンベルグのマイスタージンガー』より第1幕への前奏曲
ドボルザークの『チェロ協奏曲 ロ短調 作品104.B.191』
チャイコフスキーの 交響曲第6番『悲愴』 の3曲でした。

nishimoto_convert_20101124174816.jpg

2階の3列目だったので,全体がよく見渡せました。
スリムな黒のタキシードに身を包み,切れのいい指揮に魅了されました。
音よりも,西本さんの動きに集中して観てしまいました。
私も指揮をするときは,あんなかっこいい指揮がしたい・・・と思います。
帰って,鏡の前で棒を振ってみましたが,イメージとは程遠い状態です・・・

名曲3曲でしたが・・・残念なことに,曲の途中で拍手が・・・・
チェロコンチェルトは,3楽章まであり,悲愴は4楽章まであります。
曲の感じがそうさせるのですが,チェロコンチェルトの1楽章が終わって,拍手が起こると・・・
何だか,まだ終わっていないのに・・・という空気が流れてしまいます。

『悲愴』の3楽章の終わりも危険です。ダイナミックに終わった・・・という感じがします。
心配していたことが起こり,やはり・・・3楽章後に大きな拍手が・・・・
あの4楽章の素敵な,胸に響く切ない旋律の前に拍手が起こってしまい,とても残念でした。

ミシャ・マイスキーさんは,アンコールを2曲もされましたが,
『悲愴』の後は,アンコールなしです。
観客の残念な反応に怒ってしまったのでしょうか・・・?
クラッシックに無知な観客がいたとはいえ,最後は,温かく大きな拍手だったのですが・・・

帰りに平和公園を歩いてみました。
今,銀杏が一番色づいて見事です。

heiwakouen_convert_20101124174715.jpg
スポンサーサイト

コメント

[C1] はじめまして

西本智実さんの名前につられて訪れました。
わたしもコンサート行きました。とても良かったですね。
おっしゃる通り、拍手のタイミングがいまいちでしたがそんなことで西本さんは気分を害されたりはしないと思います。協奏曲ではソリストの演奏で盛り上がると第1楽章のところで拍手があることを良く経験します。(チャイコンとか...)本来はすべて終わった時点での拍手がいいと思いますが、いまの演奏に対してすごい!と思って思わずたたえる拍手になるのだと思います。(東京の有名なホールでさえありました)
最近のクラシックブームでふだん聴き慣れない人が会場に足を運んでこられるのも事実だと思いますが、クラシックの裾野が広がるとTVでおっしゃっていたように思います。きっと拍手をした人も次はすべて終わってからされるようになると思います。あまり、ルールがありすぎて、クラシックのハードルが高いのもどうかと思います。

悲愴のあとのアンコールはきっと昼の公演だったのでホールの都合だと思います。拍手の最中で天井の電気がついた時西本さん天井を見上げられましたから...夜で、その後ホールの予定が無ければきっとあったと思いますよ。

ただ、「ブラボー」はないよな...と私もちょっと思いました。

長々と失礼しました。
  • 2010-12-01 22:29
  • ヴァイオリン大好き
  • URL
  • 編集

[C2] Re: はじめまして

ブログへの訪問,そしてコメントありがとうございました。
西本智美さんのコンサートよかったですね。ずっと指揮に見とれていました。
拍手の件は,私のぼやきです。
『悲愴』の4楽章の前は,シーンとした間が欲しかったなあ・・・と思ったわけです。
  • 2010-12-02 11:32
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/62-9243bd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。