Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/38-5cf7cc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

副作用の説明

『抗癌剤』・・・と聞くと強い薬で『重い副作用』というイメージがあります。


看護士のKさんは,
「10年前のことを考えると,今は信じられない位楽になっているのよ。」と・・・

副作用を抑える薬がどんどん開発されているので,
日常生活を普通におくりながら,外来通院で治療ができること,
個人差はあるが,ずっと苦しい状態が続くわけではないので,
副作用の出る時期を自分で知って対応できること・・・・などを話してくださいます。


薬剤師の先生も,治療室に来て,点滴の間に冊子を元に,
一つ一つの副作用と対策について丁寧に説明をしてくださいます。


しかし・・・
出ないお化けを怖がっても仕方ないのですが,


私の体にどんな副作用が出るのだろうか・・・
家で一人でいるのに,大丈夫なんだろうか・・・ 不安です!

『入院!』という事態になってもいいように,
押入れの中に入院セットを入れたバッグを用意していました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/38-5cf7cc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。