Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C66]

お疲れ様でした。

この時期は学校行事といえば学習発表会ですよね。
なんだか懐かしい響きです。

息子達が小さい頃に学習発表会での演技や演奏に驚いたり笑ったり
感激したりしたものです。先生方と子供達の努力の賜物なんでしょうね。

日々いろんか事があると思いますが、
素晴らしい演奏をしている子供達の姿を
見ると全部吹っ飛びますよね。
先生って本当に素敵なお仕事だと思います。

ゆっくり休んで明日からまた頑張ってくださいね。
季節柄ご自愛ください。
  • 2011-11-23 17:10
  • 夢かあさん
  • URL
  • 編集

[C67] Re: タイトルなし

夢かあさん コメントありがとうございます。

本当に,たくさんの子どもの笑顔から,
エネルギーを充電してもらっているんだなあと思います。

健康で,ばりばり働いていた時は,この仕事に満足していたわけではなく,
結構,文句ばっかり言っていました。

今は,たくさんの人に支えてもらいながら仕事が出来ているんだなあと
つくづく思います。
人間は出来ていないので・・・まだ,しっかり愚痴は言ってますが・・・

仕事に誇りを待たないといけませんね。


  • 2011-11-23 19:44
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C68]

今日から12月ですね。
昨日は少しあたたかかったのにまた寒さが厳しくなり、今朝は左腕がパンパンです。リンパ浮腫がまた悪化してきたのかな・・・。昨日、外来診察だったのですが、あまりの待ち時間の長さに疲れてしまい、結局先生に言えなかった・・・。私は自分が看護師でありながら、いざ診察の時になるとそれまでに疑問に思っていたことや先生に伝えようと思っていたことが全然出てこなくて結局、一分でも早く帰りたい、と思うばかりなんですよね。ダメな患者ですよね・・・。
もうすぐホルモン療法が始まるのですが、体調が思わしくなく延期中です。戦いはまだまだ続きますね・・・。
風邪をひかれませんように・・・。

[C69]

はじめまして。私も広島の乳癌患者です。2007年に中国労災病院で温存手術をし、放射線療法、化学療法と進みました。治療の途中で先生が県病院に転勤されると聞き、まだ治療方針がはっきりしてなくて悩んでいたので県病院に転院したかったのですが、先生から「医師の異動に患者が左右されてはいけません」と言われそのまま中国労災病院で治療を受けていました。自宅は広島市内と呉市の間なのでどちらでも通院は可能だったんです。結局、治療の関係で市民病院に転院し、今は市民病院に通っています。みゅーじっくさんは良い主治医にめぐまれてうらやましく思います。同じ乳癌患者さんも私と同じ悩みを抱えていて医師がどんどん変わるし、その都度いうことがかわるので大変なようです。病気になっただけでも辛いのにそれ以上のストレスは大変ですよね。病気になることは避けられなかったことだとあきらめもつきますが、良い主治医にめぐまれることはものすごい幸運なことだな、と思っています。
ちなみに私も高校で音楽を教えていますのでどこかでお会いしてるかもしれませんね。
  • 2011-12-01 20:39
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C71] Re: Re: タイトルなし

> ayumiさん こんばんは
> コメントありがとうございます。
>
> 左腕が腫れてきて,心配ですね。
> 私は,浮腫は出ていないのですが,腕が重くて2倍くらいの重さに感じています。
> 寒くなると,身体が硬くなるので,肩も凝り,リンパの流れも悪くなるのでしょうか?
> 無理をされず,身体をいたわってあげてくださいね。
>
> 病院の診察室って独特の空気がありますよね。
> 白衣の先生と対面すると緊張してしまい,私も言おうとしていた事の半分も言えずに
> 診察を終えることがほとんどです。
> 待合での人の数を見たら,出来るだけ短い時間で診察を終えなくては・・・
> と思ってしまうこともたびたびですよ。
>
  • 2011-12-02 22:10
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C72] Re: タイトルなし

高校の音楽の先生へ
ブログに訪問してくださりありがとうございます。
同じ病気で,仕事を続けておられる方が近くにいらっしゃることに,
心強く思います。

私も「先生」と呼ばれる仕事についているので,思うことなのですが,
『すべての人によく思われる・・・』なんてことは100%ないことですよね。
教え子にしても,保護者にしても・・・
すごくよく思ってくださる方もいれば・・・その逆も・・・
出来るだけ謙虚になって努力しても,分かりあえないこともありました。
相性?・・もあるのかもしれません。

人との出会いって不思議なものですね。
私の主治医の先生は,多分・・・あなたの主治医だった先生かも・・・
  • 2011-12-02 22:41
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C73] まさか同じ先生??!

先日コメントさせていただいた高校の音楽の先生です。
パソコンが苦手でブログを書くにまでいたっていませんが、最近はリハビリがてらブログでもはじめようかと考え中です。
みゅーじっくTさん、もしかしたら、同じ先生でしたか???中国労災で手術をしてくださった先生はK先生というお名前でした。以後、お会いしていないので今はまだ県病院にいらっしゃるのでしょうか?ただ、手術をしていただいたことには感謝していますが、まさか乳がんがこんなに長い付き合いの病気だとは聞かされていなかったので、こんなことなら長期間お付き合いできる病院の先生に手術をしていただきたかったと思う今日この頃です。でも私たち教師も一生涯子供たちと付き合えないのはもちろん、入学から卒業まででさえ付き合えないのですから人の出会いなんて一期一会ですものね。
でも、みゅーじっくTさんは、ずっとその先生にみていただいているから安心できますよね。やっぱり手術をしてくださった先生はある程度先を見越して手術をしてくださっているのでしょうが、違う先生になると手術のやり方にも癖があるらしく、本当ならこうしておけばよかった、みたいなことをぼそっといわれて不安になったこともあったんです。
でも、まあ、後先考えても始まらないので前向きになるしかないですね。
お互いかわいい子供達のために一生涯、美しい音色を奏で続けましょう!!
  • 2011-12-05 20:29
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C74] Re: まさか同じ先生??!

高校の音楽の先生へ

コメントありがとうございます。

私は,この病気になるまで乳癌という病気や治療法のことは何も知りませんでした。
命と向き合う医療の現場にいる先生や看護師さんは,本当に大変な仕事だと知りました。
K先生は,K病院からH大付属病院に異動されています。
『ずっと同じ先生に診てもらいたい・・・』という気持ちは同じですが,
昨今の状況は,専門の先生が少なく患者の増加で,なかなか難しい状況になっているようですね。
私も『広島乳癌ネットワーク』の話を聞いて悩みました。
患者としても,これから色々学んで,広い視野で治療を受けたいと思っています。

病気とは上手く付き合いながら,教師という仕事をできるだけ続けていきたいですね。
  • 2011-12-06 00:29
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/136-9478049b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外は雨・・・

2011年11月23日

今日は『勤労感謝の日』

『休養の一日』とすることにします。
目の下の隈を追っ払わないといけません。


学習発表会は,無事に終了!
子ども達の力は本当に凄いですね。
短期決戦・・・というめちゃくちゃな指導にも関わらず
本番では,なかなかの演奏でした。

ダウンせずに頑張ることが出来たのも,
『子ども達のエネルギー』や『音楽の力』によるものかもしれません。
日々,きれいになっていく歌声やハーモニー・・・
リズムがそろい,まとまっていく合奏や太鼓・・・


『音楽』に関わっているから,忙しい中でも癒されているのかもしれません。


さあ・・・今日はお休み!
パンジーやビオラの苗を買いに行って,『趣味の園芸』をしようかと・・・
思ってはみたものの,

外は雨・・・

あきらめて,冬物のセーター類やコートを出してようやく衣替えです。

昨日は,今年初めて,車窓が凍り
朝あわてて,窓ガラスの霜を削って出勤しました。

一気に冬がやってきた・・という感じですね。




スポンサーサイト

コメント

[C66]

お疲れ様でした。

この時期は学校行事といえば学習発表会ですよね。
なんだか懐かしい響きです。

息子達が小さい頃に学習発表会での演技や演奏に驚いたり笑ったり
感激したりしたものです。先生方と子供達の努力の賜物なんでしょうね。

日々いろんか事があると思いますが、
素晴らしい演奏をしている子供達の姿を
見ると全部吹っ飛びますよね。
先生って本当に素敵なお仕事だと思います。

ゆっくり休んで明日からまた頑張ってくださいね。
季節柄ご自愛ください。
  • 2011-11-23 17:10
  • 夢かあさん
  • URL
  • 編集

[C67] Re: タイトルなし

夢かあさん コメントありがとうございます。

本当に,たくさんの子どもの笑顔から,
エネルギーを充電してもらっているんだなあと思います。

健康で,ばりばり働いていた時は,この仕事に満足していたわけではなく,
結構,文句ばっかり言っていました。

今は,たくさんの人に支えてもらいながら仕事が出来ているんだなあと
つくづく思います。
人間は出来ていないので・・・まだ,しっかり愚痴は言ってますが・・・

仕事に誇りを待たないといけませんね。


  • 2011-11-23 19:44
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C68]

今日から12月ですね。
昨日は少しあたたかかったのにまた寒さが厳しくなり、今朝は左腕がパンパンです。リンパ浮腫がまた悪化してきたのかな・・・。昨日、外来診察だったのですが、あまりの待ち時間の長さに疲れてしまい、結局先生に言えなかった・・・。私は自分が看護師でありながら、いざ診察の時になるとそれまでに疑問に思っていたことや先生に伝えようと思っていたことが全然出てこなくて結局、一分でも早く帰りたい、と思うばかりなんですよね。ダメな患者ですよね・・・。
もうすぐホルモン療法が始まるのですが、体調が思わしくなく延期中です。戦いはまだまだ続きますね・・・。
風邪をひかれませんように・・・。

[C69]

はじめまして。私も広島の乳癌患者です。2007年に中国労災病院で温存手術をし、放射線療法、化学療法と進みました。治療の途中で先生が県病院に転勤されると聞き、まだ治療方針がはっきりしてなくて悩んでいたので県病院に転院したかったのですが、先生から「医師の異動に患者が左右されてはいけません」と言われそのまま中国労災病院で治療を受けていました。自宅は広島市内と呉市の間なのでどちらでも通院は可能だったんです。結局、治療の関係で市民病院に転院し、今は市民病院に通っています。みゅーじっくさんは良い主治医にめぐまれてうらやましく思います。同じ乳癌患者さんも私と同じ悩みを抱えていて医師がどんどん変わるし、その都度いうことがかわるので大変なようです。病気になっただけでも辛いのにそれ以上のストレスは大変ですよね。病気になることは避けられなかったことだとあきらめもつきますが、良い主治医にめぐまれることはものすごい幸運なことだな、と思っています。
ちなみに私も高校で音楽を教えていますのでどこかでお会いしてるかもしれませんね。
  • 2011-12-01 20:39
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C71] Re: Re: タイトルなし

> ayumiさん こんばんは
> コメントありがとうございます。
>
> 左腕が腫れてきて,心配ですね。
> 私は,浮腫は出ていないのですが,腕が重くて2倍くらいの重さに感じています。
> 寒くなると,身体が硬くなるので,肩も凝り,リンパの流れも悪くなるのでしょうか?
> 無理をされず,身体をいたわってあげてくださいね。
>
> 病院の診察室って独特の空気がありますよね。
> 白衣の先生と対面すると緊張してしまい,私も言おうとしていた事の半分も言えずに
> 診察を終えることがほとんどです。
> 待合での人の数を見たら,出来るだけ短い時間で診察を終えなくては・・・
> と思ってしまうこともたびたびですよ。
>
  • 2011-12-02 22:10
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C72] Re: タイトルなし

高校の音楽の先生へ
ブログに訪問してくださりありがとうございます。
同じ病気で,仕事を続けておられる方が近くにいらっしゃることに,
心強く思います。

私も「先生」と呼ばれる仕事についているので,思うことなのですが,
『すべての人によく思われる・・・』なんてことは100%ないことですよね。
教え子にしても,保護者にしても・・・
すごくよく思ってくださる方もいれば・・・その逆も・・・
出来るだけ謙虚になって努力しても,分かりあえないこともありました。
相性?・・もあるのかもしれません。

人との出会いって不思議なものですね。
私の主治医の先生は,多分・・・あなたの主治医だった先生かも・・・
  • 2011-12-02 22:41
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

[C73] まさか同じ先生??!

先日コメントさせていただいた高校の音楽の先生です。
パソコンが苦手でブログを書くにまでいたっていませんが、最近はリハビリがてらブログでもはじめようかと考え中です。
みゅーじっくTさん、もしかしたら、同じ先生でしたか???中国労災で手術をしてくださった先生はK先生というお名前でした。以後、お会いしていないので今はまだ県病院にいらっしゃるのでしょうか?ただ、手術をしていただいたことには感謝していますが、まさか乳がんがこんなに長い付き合いの病気だとは聞かされていなかったので、こんなことなら長期間お付き合いできる病院の先生に手術をしていただきたかったと思う今日この頃です。でも私たち教師も一生涯子供たちと付き合えないのはもちろん、入学から卒業まででさえ付き合えないのですから人の出会いなんて一期一会ですものね。
でも、みゅーじっくTさんは、ずっとその先生にみていただいているから安心できますよね。やっぱり手術をしてくださった先生はある程度先を見越して手術をしてくださっているのでしょうが、違う先生になると手術のやり方にも癖があるらしく、本当ならこうしておけばよかった、みたいなことをぼそっといわれて不安になったこともあったんです。
でも、まあ、後先考えても始まらないので前向きになるしかないですね。
お互いかわいい子供達のために一生涯、美しい音色を奏で続けましょう!!
  • 2011-12-05 20:29
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C74] Re: まさか同じ先生??!

高校の音楽の先生へ

コメントありがとうございます。

私は,この病気になるまで乳癌という病気や治療法のことは何も知りませんでした。
命と向き合う医療の現場にいる先生や看護師さんは,本当に大変な仕事だと知りました。
K先生は,K病院からH大付属病院に異動されています。
『ずっと同じ先生に診てもらいたい・・・』という気持ちは同じですが,
昨今の状況は,専門の先生が少なく患者の増加で,なかなか難しい状況になっているようですね。
私も『広島乳癌ネットワーク』の話を聞いて悩みました。
患者としても,これから色々学んで,広い視野で治療を受けたいと思っています。

病気とは上手く付き合いながら,教師という仕事をできるだけ続けていきたいですね。
  • 2011-12-06 00:29
  • みゅーじっくT
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smile216.blog25.fc2.com/tb.php/136-9478049b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。