Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きです

いよいよ検査です。

検査室のベッドに横向きになり、検査が始まりました。
事前の説明で、早い人は、10分から15分で盲腸まで入ると聞いていました。

友達からも、カメラがおなかの中で動くので、違和感はあるけど、痛くなくすぐに終わったよ…と聞いていました。

ところが、少し進むと、どうにもおなかが痛いのです。
上を向いたり、うつ伏せになったり、身体の向きをかえて…
今、腸のねじれを直してますから…と先生は言われるのですが…

痛くて、痛くて…
我慢出来なくなってしまいました。

あんまり痛いので、
「先生、もういいです~!」と言うと、

途中までで止めて、病気を見逃したら大変だから、安定剤を注射して、検査を続けさせてほしい…と、先生は言われます。


検査台の上で、しかも痛くてヘロヘロ状態なのですから、同意するしかありませんよね。

点滴し、安定剤、睡眠薬でしょうか?を入れると、ぼんやりし、いつの間にか、検査は終わっていました。
そのまま、点滴が終わるまで、一時間半位安静にするように言われ、目が覚める注射を入れてもらいました。

点滴が終わり、検査の説明です。大腸内壁の血管や小腸の入り口まで鮮明にうつっています。
青紫にうっすら写っているのが、肝臓、脾臓だと教えてもらいました。
自分の腸の内部の映像だと思うと不思議な感覚です。
結果は、病変やポリープ等もなく、細胞診の必要もなく、異常なしでした。

ただ、汗だくになってカメラを入れて、安定剤まで打って検査した患者は、初めてだったそうです。

S状結腸から何とか下行結腸までは進んでも、そこから先、下行結腸から横向きにいく腸が、ヘアピンカーブのようになっていたとのこと…

先生は、今まで、のべ二万人近くの人の内視鏡検査をされたそうですが、私のようなケースは初めてだったそうです。
どんな腸でも、ちゃんと検査出来なくてはいけないのだから、結局は、自分の修行が足りない~ってこと何ですけど…
と、肩を落とされていたので、ちょっぴり気の毒になってしまいました。

全て終わると、午後4時。私の腸がかなりひねくれていた…ということなのですが、大変な検査になった長い1日でした。

2ヶ月に及んだ、再検査もこれで、ようやく終了しました。

喜ぶべきことですが、風邪をぶり返して、声が出なくなりました。

商売道具を壊しては、まともに授業もできません。

早く、春になぁれ。

スポンサーサイト

2万人にひとり…!?

2012年2月20日

大腸内視鏡の検査に行きました。

朝8時45分、受付を済ませると、
看護師さんからの説明を受け、
腸を洗浄する2リットルの液体、コップ、時計、記録用紙の乗ったワゴンを受け取りました。

最初の3杯は、1杯15分位かけて飲んでくださいね…
と説明を受け、のんびり本を読みながら、順調に飲み始めました。

1リットル位までは、調子よく…とんとんと
しかし…
そのあたりから、生ぬるいスポーツ飲料のような味が気持ち悪く感じ出し、
ムカムカしはじめ~
最後の500ml位になると、全く飲みこめません…

病院の中をうろうろ歩いたり、
5分ごとにトイレに通ったりしながら…
やっとこさで飲みきりました。


検査可能になるまでに、何と3時間ほどかかりました。


さあ、いよいよ検査室へ

続きは…ごめんなさい。

次回に。

2年が過ぎて…

2012年2月18日

今日は、手術記念日です。
あれから2年が経ちました。

救って頂いた命で今を生きています。


でも…
ちゃんと今を大切にした生き方を自分はしているのでしょうか?

私にとって鬼門の2月…

どうも、毎年この2月をちゃんと乗り切る事ができません。


生かしてくださった沢山の方に感謝するとともに、恥じない生き方をしたいと思います。

39℃…!

2012年2月14日

平日の昼間です。
布団の中で、携帯でブログ更新中…ちょっと非日常です。

昨日のこと…

寒い、寒い、寒い…
と、1日ぴょんぴょん跳ねながら、何とか授業を終え、母の所に向かいました。

夕飯を食べさせ、お風呂に入れて、ようやく一息…と
何だか、身体が異様に熱い感じがします。
ホットフラッシュ?
と思いつつも、気になって体温計で計ってみると…

えっ…39℃…!

19時ぎりぎりに病院に駆け込み…

『インフルエンザですか!?』と先生に尋ねると…

「今、検査してもダメ~!明日の朝一番で来なさい。」と言われ、痛い注射を打ってもらい、薬をいっばいもらって帰ったのでした。

今朝は、37℃台に下がり、インフルエンザ検査は陰性でした。
いったい何の熱だったのでしょう?

今日は、久しぶりに身体の休養だと思い…1日、布団の中でだらだらする事にします。
仕事中の皆さんごめんなさい。


毎年、このシーズン。
インフルエンザの巣のような所にいても、絶対発症していないので…この記録は更新しなくてはいけません。

すごい! ウイッグマップ完成

2012年2月4日

まちなかリボンサロンに参加しました。

ウイッグマッププロジェクトの方が作成された
『ひろしまウイッグマップ』が出来上がっていました。

A5版の可愛い冊子です。
脱毛のしくみ・脱毛中のケアなどに加えて
広島市を中心としたウイッグを扱っている店舗が20箇所ほど紹介されていました。

取材されたり,編集されたり・・・大変だったことでしょう。
日常の仕事・家庭・・・と,忙しい中にも関わらず,
新しい情報を発信していこうとするエネルギーには,本当に感心してしまいます。


私が『乳癌』と診断された時

どんな病気なのか
これからどうすればよいのか
大きな不安の中・・・・

道標となったものは『情報』でした。

主治医の先生からお借りした1冊の本であったり,
ネットの情報であったり,
病院のがんサロンでの先輩の患者さんや看護師さんの話であったり,
ブログの体験談であったり・・・

情報があったからこそ,
治療を受ける決断が出来たのだと思います。


抗癌剤治療の副作用である『脱毛』は特に辛いものでした。

脱毛が始まる前後の何ともいえない気持ち・・・
そして,ウイッグ卒業までの2年近くの日々・・・


私は・・・K病院の臨床腫瘍科のK看護師さんに助けていただきました。
近隣のウイッグを取り扱っている店舗のパンフレットを何冊か頂いたり,
私の稚拙な質問や相談にも親身になって応えてくださったので,
抗癌剤治療が始まる前に,ウイッグを購入することが出来ました。

『ひろしまウイッグマップ』には,たくさんの情報が詰まっています。


これから,抗癌剤治療を受ける方の大きな力になることと思います。





Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。