Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の終わりに

幸せは…自分の心が決める…
と思い、スタートした1年が終わります。

この1年~1日を何とか終え、帰宅すると、あっという間に朝… という日々の繰り返しだったように思います。
でも、365日、あたりまえの日常を続ける事が出来ました。

今、4人と1匹の家族が一緒に大晦日の1日を過ごす事が出来ています。

この今を幸せに思います。
たくさんの皆さんに幸せが訪れますように。
スポンサーサイト

ウイッグ 卒業

2011年12月29日

28日で今年の仕事は終了。

職場復帰して,1年が経ちました。
この1年間,色々なことはありましたが,
ダウンして仕事を休むこともなく,
何とか勤めることが出来た身体に感謝です。

今日は,
『自分のために・・・時間を使おう!』
と美容院へ向かいました。

美容師さんと相談すると,
まだ髪の根元がちりちり癖があり,あっちこっち向きになっていて
まっすぐに生えてきていないとのこと・・・
まずストレートパーマをかける事にしました。
髪はまっすぐに近づいたのですが,ぺっちゃんこになってしまったので,
頭頂部だけ,少しだけふんわりパーマをかけました。
こめかみ部分の髪はまだ生えそろっていないので前髪がうすいのですが,
なんとなく,デビューできそうな髪になってきました。

ヘアマニュキュアで,白髪をカバーして,ばらばらな長さの髪をカットしました。
ショートヘアになった自分の顔が鏡の中にあります。

最近,ショートにしたことがなかったのでかなり,イメージチェンジです。
今までウイッグで隠していた顔がすっかり出てしまうので恥ずかしいのですが,
思い切って,ウイッグから卒業することにしようと思います。

抗癌剤で髪が抜け,ウイッグにお世話になって,1年8ヶ月。
ようやく,卒業です。

ずっと,ウイッグだと気づかなかった母は
「どうして? 寒いのに・・・そんなに短くしたの・・・?」
と驚くかもしれませんね。



検査結果

2011年12月26日

1週間前に受けた検査の結果を聞きに行く日です。
我が家の前の道路は,雪がうっすらふきだまりの様になっています。
寒い朝でした。

外科の待合もコートを着た人でいっぱいでした。
待つことは覚悟でしたが,30分ほどで順番が来ました。
朝9時の予約はスムーズなんだと・・・今日はいい感じです。

K先生から検査結果の説明です。
腫瘍マーカーの値は異常なし,CT検査でも他の臓器への明らかな転移はなし・・・
後はマンモグラフィーの写真です。
フィルムを待つ間,久しぶりに先生とのおしゃべりもでき,
流れは順調だったのですが・・・

フィルムが届くと,
手術した方とは反対側の右胸の方に白いちらちら光る『石灰化』が見えます。
K先生は「エコーを撮って診ましょうねぇ」と・・・

しばらく順番を待ってエコー室へ入りました。
エコーで診ると・・・
右の胸の乳頭の右下辺りにコロンとした塊が移っています。
1cm位の大きさで,その周辺に石灰化のような状態があるようです。
石灰化は説明を受けてもエコーでは分かりにくいのですが,
コロンとした塊は私の目で見ても分かりました。
嫌な流れになってきました。

技師の方がK先生を呼んでくださると,
「念のために,細胞診をしましょう・・・ね。」ということになってしまい,
『針生検』です。
麻酔をして,4箇所位,長い針をさして『バキューン!』です!
またまた・・・痛い検査でした。
終わると11時半・・・待合はますます凄い人の数になっていました。
私の検査で沢山の患者さんを待たせてしまったのかもしれませんね。
ごめんなさい。

検査を受けると『結果』がどうしても気にかかります。
自分の中では,『今日,検査の結果を聞いて,新しい年を爽やかに迎えよう!』
と思っていたのですが・・・来年までお預けになってしまいました。

先週,無性にいらいらして・・・
周りに『不快』を振りまいていた罰なのかもしれません。

結果は1月6日です。
今度は・・・『心の洗濯』をして,待つことにします。


2年目の精密検査

術後,2年目の精密検査です。

午前中4時間,5年生の家庭科の授業をばたばたと終えて・・・
給食の配膳を横目で眺めながら・・・おなかはぺこぺこです。
造影剤CTなので,昼食抜きです。
16時15分のCTまで食べてはいけない・・・と思うと,よけいに食べたくなってしまうのですが,
ガマンです。

慌しく職場を離れ,JRに飛び乗って病院に向かいました。

マンモグラフィー・血液検査・CT検査・・・3つの検査を受けることになっていました。

マンモグラフィーは,術後初めてなので,痛いだろうと・・・思っていましたが,
最近,ずいぶん傷の周辺部分も柔らかくなってきたので,それほどの強い痛みを感じることもなく,
スムーズに受けることが出来ました。

血液検査は,主治医の先生から受けるようにいわれていたような気がしたのですが,
検査スケジュール表に記入されていないので,どうしようか・・・と迷っていると,すぐに受付の方が
放射線科のパソコンで検索してくださり,検査を受けるようになっていることが分かりました。

中央検査室も空いていて,ゆったりとした空気の中での採血でした。
太い血管が硬くなって,針が入りにくい状態になっているので,あちこちと探しての採血でしたが・・
看護師さんが優しい声をかけてくださるので,安心して受けることが出来ました。

ここまではよかったのですが・・・残るはCT検査です。
CT・MRIの受付前は,10人以上の患者さんが待っていました。
静かに順番を待っている患者さんとは対照的に,
何だか,受付の人も応対にあたっている看護師さんもばたばたしています。

16時過ぎて,もう遅い時間なのに,予定通りに検査が進んでいないのか・・・
急患が入って,途中に検査の人が追加されたのか・・・・
大きな声で,ぶつぶつ文句を言い合う声が届いてきます。
「一人10分で検査したとしても・・・これじゃ1時間半以上かかるじゃあないの・・」
と言いながら,カードを入れる青いファイルをお札?のように広げて・・・
残りの患者数をぶつぶつ数えています。

患者一人一人を回って,待合の椅子の所でネクタイをはずすように指示したり,
大きな声で,下着に金具がついていないかを確認したり・・・
更衣室でブラジャーだけをはずして,自分で持っておくように・・・と
なるべく早く検査を終わらせようとの事なのでしょうが,何だか悲しくなってしまいますね。
CTを受けに来ている患者は,色々な思いを抱えて,検査を待っているのですから・・・

しばらくすると,CT検査が中止になった患者さんの連絡が入ったようで,
なんと・・・手をたたいて喜んでいるのです。
いろんな事情があったのかも知れませんが,これには,あきれ果ててしまいました。
急患が入れば,急に検査が必要になるのは当然のことですし,
私たち患者だって順番が遅くなっても、待つのは当たり前だと思うのですが・・・

病院のスタッフの方の・・・1部の人なんでしょうけれど・・・
意識の低さには,唖然としてしまいました。

忙しい・・・と心を失います。
慣れてくると・・・初心を忘れます。

美味しいメインディッシュを2皿頂いて・・・
最後に・・・まずいデザートを食べてしまったような気分で病院を後にしたのでした。

今回のブログは『文句!』を書いてしまいました・・・。
おなかが空いていたので,気持ちがとんがっていたのかも知れません。

沢山の素敵な人がいても,一人の心無い人がいることで,質が下がってしまいますね。
自分も仕事をしている一人として,
心を失ってはいけない・・・プロ意識を忘れてはいけない・・・
と思った一日でした。

検査結果は26日です。
聞きに行くのは・・・やっぱり憂鬱です。

まちなかサロンで

2011年12月10日

まちなかリボンサロンに参加しました。
今回は『大腸癌』についてのプレゼンがありました。
やはり,早期発見が大切・・・
検査を億劫がっていてはいけませんね。
この数年で,治療法がどんどん進化していること,治療の個別化が図られていることなど・・・
抗癌剤が効いて延命につながる事例や,癌が完治し活躍している方の話も聞きました。

毎回,『学習や情報の場』が設定されていることは,このサロンのよさですね。
患者どうしの話だけだと,ついマイナス思考になりがちですが,
専門医の先生の話を聞くと,病気について正しく理解していこうという気持ちになれます。

『フェマーラ』を服用している数人の方とお話しすることが出来ました。
やはり,手のこわばり,関節痛があること・・・
親指の付け根が痛む・・・
寒くなると,症状が悪くなる・・・と
ひどい方は,指が曲がってしまうこともあるそうです。

私も同じような症状が出てきています。
特に朝の指の状態が悪いので,薬の副作用の怖さを感じてしまいます。
音楽教師・・・としては,ピアノを弾けなくなると困るので,
何とか,予防する方法を考えないといけませんね。

タイミング修正

2011年12月4日

このところ,何か・・・『タイミングが悪い』出来事が続いています。

大根を買うと・・・大根をもらう。
パンジーの苗を買うと・・・パンジーをもらう。

もらったのですから,素直に喜べばいいのですが,心の中で,
もう一日,早ければ・・・とか
買うんじゃなかった・・・という感情が残ってしまっている嫌な自分がいます。


母との『心のタイミング』もずれてしまっています。

実家の母は,『認知症』が少しずつ進行してきているのか,
『夢と現実の間』で暮らしている状態です。

私は,毎日仕事が終わってから,母の介助に行くのですが,
今週は混乱がひどく,不安定になっていました。

母の頭には『次女が来るはずだ!』というスイッチが入ったまま,解除できません。

私が玄関の鍵を開けると,珍しく玄関まででてきました。
「いらっしゃい」と笑顔で出てきた母は,
私の顔を見ると・・・がっかりしたようで,
「○○達は,まだ来ないのよ・・・」と

外灯や部屋の電灯が煌々と点き,玄関には次女と孫のスリッパが二つ置かれています。
エアコンやヒーターで部屋は暖かくしてあります。
テーブルには,ヘルパーさんが作られた夕食や冷蔵庫の中にあったおかずが沢山並べられています。
二人が来るのを心待ちにしているのが伝わってきます。

「さっき,外で声がしたと思ったけど・・・うちへ寄らないで帰ったのかも・・・」
と,母は憤慨し始めました。

何度も
「思い込みだよ・・・勘違いしているんだよ・・・妄想・・・夢を見たんじゃない?」
と,話すのですが,なかなか納得してくれません。
2時間くらい堂々巡りの話が続いてしまいました。

長女の私は,『母の身の周りの世話をする厳しい存在』
次女の妹は,『母が甘えられる優しい癒しの存在』・・・と
ふたりで役割分担はしているのですが・・・

最近,母のとっぴな行動があるので,
『夢から現実』に引き戻そうとして,私が必死になりすぎているのかも知れません。
「しっかりしていてほしい・・・」
という思いなのですが,思い返すと母への要求や言葉もきつくなっています。
そんな私の態度が,母の夢スイッチに作用して,
「妹が来てくれる・・・」になってしまったのでしょうね。

私の狂ったタイミングを修正しないといけません。

今日は,ストレス解消!・・・ようやく『趣味の園芸』です。
沢山パンジーを頂いたので,鉢がにぎやかになりました。
買ったことを後悔するのではなく,倍になったと喜ばないといけませんね。
我が家のミルキーはパンジーが大好きで,路地植えにすると全部食べてしまいます。

H23yoseue2_convert_20111204135614.jpg


ミルキーはいじけてしまったのですが,彼の上れないウッドデッキに並べて,終了です。

H23yoseue_convert_20111204135529.jpg




Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。