Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンかな・・・

『やるべきことがある』

・・・ということは,日々充実してはいるのですが,

休日返上で動き回り,
30℃の真夏日もやってきて,
体が悲鳴を上げてしまいました。


木曜日の午後

今日は,ホットフラッシュがひどい・・・
しばらく『ラシックス』も飲んでいないので,足が浮腫んで重い・・・
体がだるい,頭痛がする,のどが痛い,関節が痛い・・・
仕事が手につかない・・・
3階の音楽室までなかなか上がれない・・・

と,だらだらしていると・・・・発熱でした。
のどを『久しぶりの冷房』にやられてしまったようです。

ダウンしている場合ではない・・・と
9時にはベットに入り,9時間睡眠をとると,翌朝は何とか起き上がれました。

体が不調になると,薬のことを,いろいろ考えてしまいます。
『フェマーラ』を飲み始めて,2ヶ月です。
効いているのかを確かめることができれば,少々の辛さは我慢できるのでしょうが・・・
症状を緩和する薬ではなく,再発を抑える薬なので,確かめようもありませんねぇ。


『再発率が3分の1になる・・・』と呪文をかけて,我慢・がまん・ガマン・・・


というより・・・
何か,『楽しい事』を考えることにしましょう。

明日は,月曜日・・・かぁ
5年生の家庭科でキャンプ前の『クッキングレッスン』です。
何か面白いことが起こる予感が・・・

復活しなくては・・・


スポンサーサイト

東京へ・・・

2011年6月18日

父の葬儀から早くも49日が過ぎ,納骨と法要に行ってきました。

父は,浅草生まれの江戸っ子でした。
浅草に菩提寺があります。
転勤族で,あちこちで生活してきたのですが,
生前から,死んだら・・・浅草に帰る・・・と話していました。

父の遺骨を抱いて,空を飛びました。
雨の東京でした。
酸素が欠かせず,足も悪くなってからは,墓参りに行くこともままなりませんでした。
ようやく・・・ふるさとに帰ってきました。

久しぶりに,雷門をくぐり,仲見世を通り,浅草寺に行きました。

sennsoji3_convert_20110621224941.jpg

浅草寺からは,今まではなかった『スカイツリー』が遠くにそびえ立っていました。
鉄塔の先は,雲に隠れている巨大な建物です。

sennsoji1_convert_20110621225152.jpg

父は見る事はなかった『スカイツリー』です。

やはり・・・元気なうちに懐かしいこの地に連れてきてあげたかった・・・と思います。


蒸し暑い・・・

むしむし・・・暑い季節がやってきてしまいました!

35年前に建てられた学校の校舎は,当時としてはお洒落なデザイン?とは思われるのですが・・・
どう考えても,機能的とはいえない,不思議な所がいっぱいなのです。

私の主な仕事場である『音楽室』は・・・と言えば
3階の西向きの部屋にあり,コンクリート張りの外観に,
高さ2メートルもある大きな硝子の外へ押し開く窓・・・
どういうわけか・・・窓の上にはひさしがついていません!

『雨は上から下に垂直に降ってくるとは限らない・・・』という事は,
誰でも知っているはずなのに・・・
ちょっとの雨でも,すぐに室内に吹き込んできてしまい・・・
じゅうたん敷きで,楽器類も置いてあるので,窓を閉めるしかありません。

いったい,誰が・・・設計したのでしょう?!


子ども達は,汗をだらだら流しながら,サウナのような音楽室での授業です。


私は,午前中は元気で何とか乗り切れるのですが,
午後になると,体のだるさと足のむくみで,へとへと状態になってしまいます。


むくみは,抗癌剤の影響がまだ残っているのかなぁ・・・
体がだるいのはホルモン療法の副作用によるのもあるのかなぁ・・・
それとも,この気候のせい? やっぱり・・・年のせい?


本格的な暑さはまだまだこれからなのに,これくらいでへばっていてはいけませんねぇ。
7月には,5年生の野外活動の引率もあります。
これからの『夏!』を乗り切るために,何か対策を考えなくては・・・



記憶に残る・・・

運動会を終え,時間割通りの授業が戻ってきました。

音楽室も賑わいを取り戻し,毎日子ども達の明るい声が響いています。
準備室からいろんな楽器を運び出し,5・6年生は『グループアンサンブル』,
和太鼓を並べて4年生は『お囃子作り』,3年生は新しく始めた『リコーダー』と・・・
音楽室は,にぎやかな音でいっぱいです。

今でも覚えている私の『音楽の記憶』は,4年生の時のことです。
神奈川県の小学校に通っていた私は,4年生の時,初めて音楽専科のO先生の授業を受けました。
恰幅のよい男の先生で,学校中で『怖い!』と有名な先生でした。
教室では、ぎゃーぎゃーうるさい男子達でしたが,音楽室に移動する時は,
シーンとして,ちゃんと並んで廊下を歩いていたのを覚えています。

授業の時は,大きな・響く声での厳しい指導でしたが,
ときどき,思い立ったように,
「○○・・伴奏!」と,ピアノの上手な子を指名して,歌を歌ってくれました。
教室じゅうに響くバリトンの歌声に圧倒されたこと,
あの時よく歌ってくださった『みなと』の曲のことは鮮明に思い出すことができます。

教師になって知ったことですが,O先生は合唱指導で全国的に有名な先生だったのです。
音楽の月刊誌を読んでいて,合唱指導について書かれていた0先生の記事を見て驚いてしまいました。
NHKの合唱コンクールの全国大会にまで出場される指導力のある先生でした。


そんな出会いがあったのも,今の私に繋がっているのかも知れません。


以前は仕事に不満があり,やめたい・・と思ったことも何度もあります。
でも今は,(未来の事を考えるのは不安ですが・・)定年まで続けていられたらいいなと思います。

子どもの可能性・・・って無限です。
成長を見守る仕事に携わっていることを今,幸せに感じています。
O先生からはほど遠いのですが,記憶に残る先生になれたらなぁ・・・



Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。