Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの更新です

2012年7月1日

新年度になり,ばたばた仕事に追われているうちに
なんと・・・3ヶ月も過ぎてしまいました。


心に余裕がないと
上手くいかないことが増えていきますね。
仕事・介護に追われる毎日から脱却しなくてはいけません。


春に植えた草花は確実に空を目指して伸びています。


菊本るり子先生の
「MIDORI~繋がる輪~」の歌に出合い・・・
我が家の『ミルキーハウス』の前に
キュウリとゴーヤを植えました。

今,4年生の子ども達と,この歌を歌っています。

midori_convert_20120701123608.jpg

8月には,しっかり茂って
緑のカーテン』になってくれるでしょうか?
スポンサーサイト

2011年の終わりに

幸せは…自分の心が決める…
と思い、スタートした1年が終わります。

この1年~1日を何とか終え、帰宅すると、あっという間に朝… という日々の繰り返しだったように思います。
でも、365日、あたりまえの日常を続ける事が出来ました。

今、4人と1匹の家族が一緒に大晦日の1日を過ごす事が出来ています。

この今を幸せに思います。
たくさんの皆さんに幸せが訪れますように。

タイミング修正

2011年12月4日

このところ,何か・・・『タイミングが悪い』出来事が続いています。

大根を買うと・・・大根をもらう。
パンジーの苗を買うと・・・パンジーをもらう。

もらったのですから,素直に喜べばいいのですが,心の中で,
もう一日,早ければ・・・とか
買うんじゃなかった・・・という感情が残ってしまっている嫌な自分がいます。


母との『心のタイミング』もずれてしまっています。

実家の母は,『認知症』が少しずつ進行してきているのか,
『夢と現実の間』で暮らしている状態です。

私は,毎日仕事が終わってから,母の介助に行くのですが,
今週は混乱がひどく,不安定になっていました。

母の頭には『次女が来るはずだ!』というスイッチが入ったまま,解除できません。

私が玄関の鍵を開けると,珍しく玄関まででてきました。
「いらっしゃい」と笑顔で出てきた母は,
私の顔を見ると・・・がっかりしたようで,
「○○達は,まだ来ないのよ・・・」と

外灯や部屋の電灯が煌々と点き,玄関には次女と孫のスリッパが二つ置かれています。
エアコンやヒーターで部屋は暖かくしてあります。
テーブルには,ヘルパーさんが作られた夕食や冷蔵庫の中にあったおかずが沢山並べられています。
二人が来るのを心待ちにしているのが伝わってきます。

「さっき,外で声がしたと思ったけど・・・うちへ寄らないで帰ったのかも・・・」
と,母は憤慨し始めました。

何度も
「思い込みだよ・・・勘違いしているんだよ・・・妄想・・・夢を見たんじゃない?」
と,話すのですが,なかなか納得してくれません。
2時間くらい堂々巡りの話が続いてしまいました。

長女の私は,『母の身の周りの世話をする厳しい存在』
次女の妹は,『母が甘えられる優しい癒しの存在』・・・と
ふたりで役割分担はしているのですが・・・

最近,母のとっぴな行動があるので,
『夢から現実』に引き戻そうとして,私が必死になりすぎているのかも知れません。
「しっかりしていてほしい・・・」
という思いなのですが,思い返すと母への要求や言葉もきつくなっています。
そんな私の態度が,母の夢スイッチに作用して,
「妹が来てくれる・・・」になってしまったのでしょうね。

私の狂ったタイミングを修正しないといけません。

今日は,ストレス解消!・・・ようやく『趣味の園芸』です。
沢山パンジーを頂いたので,鉢がにぎやかになりました。
買ったことを後悔するのではなく,倍になったと喜ばないといけませんね。
我が家のミルキーはパンジーが大好きで,路地植えにすると全部食べてしまいます。

H23yoseue2_convert_20111204135614.jpg


ミルキーはいじけてしまったのですが,彼の上れないウッドデッキに並べて,終了です。

H23yoseue_convert_20111204135529.jpg




夢は叶えるもの

2011年11月4日

姪がディズニーランドで 結婚式 を挙げました。

1年前に入籍したのですが・・・
ディズニーマニアの姪は,
『ディズニーランドで式を挙げる!』と
二人で,貯蓄に励み,ついに夢を叶えることが出来ました。

yukari4_convert_20111106110751.jpg



最近,私の周りでは,悲しい出来事が続いていましたが,
姪の夢の実現で,

幸せ をいっぱいもらった気持ちです。

追い求めれば,夢は叶うのですね。

若い二人は,
きらきら 輝いていました。




娘へ

2011年9月25日

「暑さ寒さも彼岸まで」・・・と昔の人の知恵ですね。

この3連休は,秋晴れの爽やかなお天気で,
娘の新たな一歩を応援しているように感じました。

長女は,一人暮らしを始めました。


1年ほど前・・・
明るく元気で,正義感が強く優しいあなたが・・・
食事が取れなくなり,どんどん痩せていくなんて
母は信じられない思いで,見ていました。

部活で年中休みがなかった時も
就活の高速バスで何度もとんぼ返りした時も
何回も内定がもらえなかった時も

愚痴も言わず,明るくがんばっていたあなたが・・・
1ヶ月で,10キロ近く体重が落ちてしまうなんて・・・

ふらふらの状態で,仕事に出て行く後ろ姿を,母はただ見送ることしか出来ませんでした。


私もその頃,抗癌剤治療の副作用でいっぱいいっぱいの状態でした。
そんな私の事を気遣って,自分の思いを全部自分の中に閉じ込めていたのかも知れませんね。

『ばりばり働くんだ!』
と張り切って仕事に就いたはずだったのでしょう・・・

でも,あなたは,正義感が強すぎて・・・耐えられなかったのかもしれませんね。


ゆっくりと・・・一生の仕事を見つければいい・・・と思っていたのに,
あなたは,新たに資格を取り,あっという間に新しい仕事に就いてしまいました。


一緒に休職していた半年は・・・
母にとってかけがえのない時間でしたよ。
あんなに長い時間を今まで一緒に過ごしたことはありませんでしたね。
10ヵ月の赤ちゃんの時から,保育園での社会生活を始めて,
フルタイムで働く母は,あなたとじっくり向き合う時間を今まで持っていなかったのだと・・・


一番辛い時でありながら,
進んで料理や洗濯をしてくれたり,明るく振舞ったり・・・
家族にまで気をつかっていることに,胸が痛くなりましたよ。
本当の気持ちは,なかなか上手く言葉に出来ず,もどかしい気持ちでいたのでしょうね。


いよいよ一人暮らし。
長い人生・・・あせらず・・・頑張り過ぎず・・ゆっくり進んでいきなさい。

毎日,顔が見られないのは,さびしくてしかたありませんが・・・
母は,あなたの『幸せ』を心から願っています。



趣味の園芸?・・・

2011年7月18日

『梅雨明けと共に,一気に『猛暑』がやってきて,教室は,連日35℃の世界でした。
朝,音楽室に入ると,昨日の熱気がこもったままで,サウナ状態です。
1週間,何とか勤務を終え,土曜日には夏祭りの行事もすみ,あと2日で夏休みです。
『夏休み・・』といっても,最近は,『学力補充・水泳指導』などで,学校は開店状態なのですが・・・
気持ちは少し違うかもしれません。

今日は海の日!

『海の日に海に行く!・・・』
と,はりきっていた次女でしたが,今日は久しぶりの雨・・・
島根の海に行く・・・と出かけましたが,
昨日までの『ぎらぎら輝く夏の太陽』は,隠れてしまっています。

私は・・・ジャングルになった庭を眺め,
太陽が隠れている今日しかないと・・・
『趣味の園芸?・・・』といえば,聞こえはいいのですが,
つまり・・・『草抜き』に取り掛かりました。

5月に植えた『ハーブ』はどうなっているのでしょう。
すると・・・
草むらの中から『バジル』が発見されました。
虫にも食われず,きれいな葉っぱをつけています。
5月・6月と休日も忙しく,世話を一切してなかったのに・・・
『よくぞ・・・ご無事で・・・』

bajiru_convert_20110718145146.jpg


早速,昼のメニューは,
『トマトとベーコンのバジル風味のパスタ』に決定です。
にんにくとオリーブオイルを使い,なかなかの出来でした。

自画自賛ですが・・・
困難な環境?を乗りきってくれた『新鮮なバジル』のおかげです。

東京へ・・・

2011年6月18日

父の葬儀から早くも49日が過ぎ,納骨と法要に行ってきました。

父は,浅草生まれの江戸っ子でした。
浅草に菩提寺があります。
転勤族で,あちこちで生活してきたのですが,
生前から,死んだら・・・浅草に帰る・・・と話していました。

父の遺骨を抱いて,空を飛びました。
雨の東京でした。
酸素が欠かせず,足も悪くなってからは,墓参りに行くこともままなりませんでした。
ようやく・・・ふるさとに帰ってきました。

久しぶりに,雷門をくぐり,仲見世を通り,浅草寺に行きました。

sennsoji3_convert_20110621224941.jpg

浅草寺からは,今まではなかった『スカイツリー』が遠くにそびえ立っていました。
鉄塔の先は,雲に隠れている巨大な建物です。

sennsoji1_convert_20110621225152.jpg

父は見る事はなかった『スカイツリー』です。

やはり・・・元気なうちに懐かしいこの地に連れてきてあげたかった・・・と思います。


千の風になる

3ヶ月,入院生活を送っていた父が・・・旅立ちました。


5月6日の朝,突然,心筋梗塞を起こし,心肺停止状態になりました。
その後,心臓も動き出し,自立呼吸も回復したのですが,意識の戻らない状態でした。
容態は安定していたので,これから・・・と思っていたのですが・・・


5月9日 永眠しました。


父が体調を崩して6ヶ月・・・私は何をしてあげられたのか・・・と,考えています。



連休の仕事は,草抜き!

2011年5月5日

新緑の季節になり,木々も山も爽やかな緑色に包まれてきました。

我が家の狭い庭も,すっかり緑色です。
芝生を植えているので,芝生が新芽を出してきた?・・・のならいいのですが,
ほとんど雑草に覆われた状態になってしまいました。

冬の間も,春の初めも手入れを怠っていたので,しっかり草が根付いてしまっています。
お店には,カラフルな夏の花の苗も出回り,そわそわしてきます。
連休中に,『夏花壇』にしたいと思い,まずは『草抜き』に取り掛かることにしました。

サングラスをし,農作業用帽子をかぶって,紫外線対策をし,
ミルキーと共に,草抜き開始です。

kusanuki1_convert_20110506004407.jpg

柵の外で,草抜きをしていると,そばに来たくて・・・
柵の下から,何とかくぐり抜けようとするのですが,無理だとあきらめています。

kusanuki2_convert_20110506005326.jpg

今年の春は,肌寒い日が続いていたので,パンジーやビオラの寄せ植えはまだ健在で,
可愛い花を咲かせてくれています。

kusanuki3_convert_20110506005852.jpg

1日かけて,何とか草抜きは終了です。
今度は,どんな花を植えようか・・・と苗選びが楽しみになってきました。

桜の木の下で

2011年4月10日

忙しい日々を過ごしているうちに,桜が満開になっていました。

3月からずっと休日返上で仕事や介護に走り回っていたので,
周りの景色も目に入らない状態でした。

『いそがしい』・・・という言葉を,
『忙』という,心を亡くすという字を書いた先人に学ばなければいけません。

この週末は,久しぶりに仕事を休みました。
非日常に自分を置いて,自分を取り戻さないといけません。
同僚の先生に,『安芸津町の正福寺』の桜が見事だと聞き,ターリンとドライブに出かけました。
春霞のかかった穏やかな瀬戸内海に,浮かぶように見える桜です。

syouhukujisdakura2_convert_20110410233140.jpg

そういえば,1年前の桜は・・・辛い気持ちで眺めていました。

K病院で1回目の抗癌剤の点滴を受けた後,滅入った気分で『黄金山』の桜を見にいったのです。
何でこんな病気になったのだろう・・・
これからどんな副作用が訪れるのだろう・・・と
桜の花びらの散る木の下で,不安でいっぱいだった事を思い出しました。
1年前は,周りにいる人が幸せそうに見え,自分だけが辛い思いでいるような気がしていました。


今年の桜は・・・違った思いで眺めています。


山の上から,入り江の集落を見下ろしていると,
東北地方を襲った津波の映像が浮かんできてしまいました。
ターリンも同じ事を考えていたようで,15mの津波の恐ろしさを考えてしまいました。


瀬戸内海は,波ひとつなくとても穏やかです。
今,自分は,こうして生きています。




命の現実

2011年2月27日

今日の天声人語に
「命というものは,はかないゆえに尊く,厳かで美しい。」
という,ドイツの文豪トーマス・マンの言葉が載っていました。
あの辛いニュージーランドの震災の記事を受けての言葉です。

私はこの所,終末医療・介護の現場にお邪魔して,話をうかがっています。
病院・老人保健施設などの見学に行ったり,ケアマネージャーさんと相談したり・・・
どんな事態にも対応できるようにと考えているのですが,
現実は厳しいのですね。

今まで何も知らなかったんだと,改めて感じています。
病院でも介護施設でも受け入れてもらうには・・・
何ヶ月も・・・何年も待たないといけないなんて!

昨日訪問した所は,申し込み者は3桁?!
「平成12年から登録されている方がいます。」とのこと・・・
唖然としてしまいました。

この世に生を受けた限り,誰しも死を迎えなければいけないのですが,
どんな所で,どんな人に囲まれて,最後の時を迎えることが幸せなのでしょうか?

自分だったら・・・と考えるのですが,
なかなか答えは見つかりません。

人間の尊厳・・・重い言葉です。

ベッドで安静にしているしかない父を見ると,
今,動ける自分がやるべきことって・・・なんだろうと考えてしまいます。

大腿骨頚部 骨折?!

2011年2月14日

土曜日の夜8時過ぎ・・・
父の入院している病院から電話です!
足の痛みが取れないので,再度レントゲンを撮ると・・・

大腿骨頚部 骨折  

手術が必要になるでしょうから,整形外科と呼吸器系の内科のある医療センターへ連絡を入れますとの事・・・

信じられません・・・2週間前の受診の時には,
「骨には異常ありません・・・」と・・・

足の付け根までは,レントゲンを撮っていなかったのです。

父にどこが痛むのか聞いても,『脊柱管狭窄症の痺れ』が以前からあるので,
よく分からず,強く打ったひざから下の部分ばかり気にしていたのです。


『骨には異常ない』という免罪符をもらっていたので,必死で立たせたり座らせたり・・・
「痛い,痛い・・・」と痛がる父に,
「大丈夫,動かさないと,動けなくなるよ・・・」と励まし,動かしていました。


ごめんなさい・・・・・・・


近くの医療センターは『満床・・・手術待ち』で受け入れは難しいようです。
受け入れてくれる『病院探し』の状態になってしまいました。

いつも『2月は鬼門』なんです。
Smile Again・・・から程遠い状態ですが・・・何とかしなくては・・・



雨の日は・・・

2011年2月8日

久しぶりの雨です・・・

我が家の『ミルキー』は,雨の日は嫌いで,散歩に連れて行こうとすると,
”ふん!”とそっぽを向き,よく『散歩拒否』をしていました。
リードをいくら引っ張っても,動こうとはしなかったことを思い出します。
最近は,雨の日には,小屋でいじけて寝そべっています。


今日の私は,ミルキーのように,引きこもっていたい気分です・・・


今日,居宅介護支援事業所に行って,ケアマネージャーさんと話をしてきました。
父の介護度が変更になったので,契約書の同意等の手続きのためです。

契約書の説明や手続きが終わると,所長さんが
「聞きにくいことだけど・・・ 今後のこと をどう考えていますか?・・・」と

先日,主治医の先生にも
 今後のこと をそろそろ考えないとね・・・」
と言われていたのです。

未来のことは,私が一番考えたくないことです。
でも,一番考えなくてはならないことなんですね。

結局・・・有料の施設のパンフレットを4冊いただいてしまいました。

前回のブログではえらそうなことを書いていたのに・・・
今日は・・・嫌な自分です!

何とかなる!

2011年2月5日

結局・・・ 再入院 という事になってしまいました。
父は,嫌がっていましたが,自分で立ち上がれない父が,毎日点滴に通院するのは無理な状態です。
前回の入院の時,MRSAの保菌者であることが判明したので,また隔離病室への入院でした。

足が動かず,肺炎で呼吸が苦しい状態では,
『家にいるよりは,完全看護の病院の方がいいに決まっている・・』と自分に言い聞かせ,
再入院の手続きをしました。

癌,老い,介護・・・
世間で言われている大きな問題が,この1年,一気に私のところに押し寄せてきました。
今までは,本当に他人事としか思っていなかった問題ですが,
自分の身にふりかかって初めて,この問題の重大さが分かります。

しかし,今,意外と 落ち着いた自分 がいること・・・にちょっと驚きです。

元気な時の自分だったら,仕事も120%,介護も120%やろうとし,溺れていたかもしれません。
今は『今の私に出来ることは限られている』と・・・冷静になれる自分がいます。

公共のサービスを利用しよう・・・
両親にも少し我慢してもらおう・・・と
大変な事態のわりには,『何とかなる』と楽観的に考えることが出来ているような気がしています。

メンタルアドバイザーのM先生のおかげかな?
明るく・楽天的で・前向きな生き方が細胞を元気にするのですから・・・

先日お会いして,両親の介護のことを話した時に,
「子どもが笑顔でいることが,一番の親孝行!」と・・・
精一杯やっても,
「疲れ果てて,目を三角にした介護は,親は喜ぶはずはないじゃない。」と・・・


これからどうなるか分かりませんが,
未来のこと考えて不安に思うより,
『今日1日を自分なりに生きることができたらいいかな・・・』と思えます。


『乳癌』になって,あれこれ悩んだことは,無駄にはなっていないのかもしれませんね。


CRP急上昇!

2011年2月3日

父の訪問看護のWさんから, 着信あり・・・
嫌な予感です。

あわてて電話を入れると,酸素濃度も落ちているし,
全身状態もよくないとの連絡!

昨日の夜は元気で,たくさん夕食も食べていたのに・・・

主治医の先生と連絡をとってくださり,酸素量を1.5にしたとの事。
仕事中ですぐには帰れないので,本当に助かります。

夕方,実家に帰ると,父よりも母が・・・

父の容態が悪くなると,母がダメージを受けてしまうのです。
「安定しているから,大丈夫・・・明日も看護師のWさんが来てくれるからね・・」
と・・・まずは,母のケアからの始まりです。

酸素量を上げたせいか,父はかなり落ち着いていたので,
食卓まで車椅子で移動し,食事も何とか食べられる状態です。

『このまま元気になって・・・』と祈る気持ちでの帰宅でした。


2011年 2月4日

訪問看護師のWさんから,伝言メモあり・・・

午前中に父の採血にきてくださったとの事。
血液検査の結果がよくないので,主治医のM先生と連絡を取ってほしいとの連絡です!

病院に電話しても診察中なので,M先生につないでいただくのは無理な状態です。
『病院に行った方が早い・・・』
勤務終了後,あわてて病院へ駆け込みました。

夕方でも,内科は・・・マスクの行列です!
M先生にお会いできたのは,7時半過ぎでした。
血液検査の結果,
『CRP値が急上昇していて,肺炎を起こしている可能性が大である・・・』
との診断で,点滴治療が必要だとの判断です。
「家での看護は,ちょっと無理だなぁ・・・」

明日は・・・父を連れて病院へ行かねばなりません。
父の嫌いな『入院』の説得からです。


退院して4週間,何とか在宅介護のプランを立て,軌道に乗り始めた所だったのに・・・




どんな事態にも・・・

2011年1月29日

先週ののんびりした週末とは違い,今週はどたばたです。


『非常事態』続発・・・の1週間

次女が高熱で,夜中の1次救急受診
簡易検査でインフルエンザA型判明!

父が転倒し立てなくなり・・・
母パニックを起こす!

ターリンと二人で,父を担いで病院へ運び,受診
レントゲン検査で,骨には異常はなかったものの,
・・・打撲の痛みと痺れで力が入らず,自力で立てない状態!

肺炎の状態が落ち着き,退院して3週間,
「元気になった・・・治った・・・」
と,父は調子に乗っていたので,私も油断していました。
家の中も,『4点杖』も使わず歩いていたので,
せっかくレンタルした『歩行器』も安心して使っていませんでした。
リハビリの先生に
「夜中や明け方の転倒が多いので気をつけて!」
と言われていたのに・・・


我が家の冷蔵庫に
『 どんな事態にも,第三の道がある ~城山三郎~ 』
という格言が貼ってあります。


落ち込まないで 『第三の道』 を探さなくては・・・
まずは,ケアマネージャーさんに相談です!


ミルキー 9才になる

2011年1月23日

先週の,異常低温の『雪の日曜日』とは違い,今日は穏やかな日差しが差し込んできます。

ターリンは日直で,家畜診療所へ
長女は,『myスノボー』を持って雪の山へ
次女は,『駅伝オタク』なので,オーダー表を印刷して・・『全国男子駅伝』観戦へ

みんなそれぞれ出かけていってしまい,のんびりとした日曜日です。

家族の皆さん! 
今日は,『一人息子』の誕生日だということを忘れていませんか?
我が家の迷犬ミルキーは,9才になりました。

ラブラドールレトリバーのイエローのオスです。
一緒に生まれたブラックやメスの姉妹たちは人気があり,どんどん貰われていくのに,
ミルキー(本名Albert)だけは,取り残され,ターリンに依頼があり,飼う事になったのです。

生まれて2ヶ月で我が家に来たときは,生成りのフワフワした毛で,愛くるしく・・・
『不二家のミルキー』のようにとろけてしまいそうだったので,
オスにもかかわらず,長女が『ミルキー』と命名したのでした。

同じ犬種の『賢い犬』たちは,
警察犬,盲導犬,介助犬・・・などで活躍していますが,
我が家のミルキーは?・・・かなり問題児でした。

犬小屋はかじってぼろぼろにする・・・
大きらいな『柴犬』『コーギー』には,ほえかかり飛びつく・・・
散歩の途中で動かなくなり,次女が泣きながら抱えて連れて帰る・・・

これまでの,ミルキーの『とんでもないエピソード』は,数え切れないほどあります。

2年前に下半身麻痺になり,このまま歩けなくなるのでは・・・と心配しましたが,
今は,何とか,3本の足で支えて歩くことが出来るようになりました。
散歩は出来ませんが,庭に囲いをしているので,自由に動き回っています。
先週の日曜日,雪に戸惑っている?ミルキーです。

yukinohi_convert_20110123125251.jpg


雨が嫌いで,雨の日はいじけて小屋から出てきませんが,
天気になると・・・『布団干し』を始めます。

昨日,今日は久しぶりの温かい日差しで,ミルキーの布団干しが始まりました。
毛布を引きずって,芝生の上に持っていきます。
『スヌーピー』・・・というより『ライナスの毛布』のようです。

hutonhoshi_convert_20110123125211.jpg

これで,夕方になって小屋に運べば,『賢い犬』なのですが,
残念ながら,いつも,出しっぱなしですね。




偶然ではなく必然?

今回は,細胞を元気にしない話。
私のタイムリーな悩みです。

80才を過ぎた私の両親は,二人でようやく一人前の生活を送っています。

父は,肺の持病があり,酸素が欠かせません。また,最近歩行が難しくなってきました。
母は,物忘れがひどくなり不安定です。超心配性で,すぐにパニックを起こしてしまいます。
自宅で介護保険のお世話になりながら,生活をしています。
『私の病気』のことは,結局内緒にして,体調のいい時に介護に行き,何とか切り抜けてきました。

築40年の実家は,バリアフリーからはほど遠い状態で,危険がいっぱいです。
10月に父がインフルエンザの予防注射で発熱し,動けなくなりました。
奥の和室にベッドを置いているので,トイレまでの移動も儘なりません。

『これは,何とかしなくては・・・』
と,父のダウンをきっかけに,かかりつけの先生やケアマネージャーさんと相談を始めました。

「思い切って,リビングをお父さんのベッドルーム件生活空間にしては?・・・」
「ベッド,食卓,トイレが近いのが一番よ。」
とアドバイスを頂き,プチリフォームに取り掛かることにしました。

ベッド周辺が広くなれば,訪問リハビリも開始できます。
出来るだけ快適に自宅で過ごせればいいと思い,1階の模様替えプランを立てました。

ここは,私の出番・・・とばかり,まず片付け開始です。
母は物を捨てられない性格で,『70年代からのお宝!?』がそのままになっています。
『断捨離実行隊』さながら,行く度に45リットルのゴミ袋を5袋~10袋持って帰っていました。

床の段差解消や引き戸への交換などの見積りに来てもらい,どんどん具体的になっていきます。
部屋も少しずつ片付いてきたので,私が職場復帰するまでに何とかなりそうだと満足していました。

しかし・・・二人の反撃が始まりました。
母は・・・「自分の家じゃないみたい!」
父は・・・「リビングにベッドなんて考えられない! ここから動かない!」
もう先は長くないのに,お金をかけたって仕方ないと・・・リフォームに難色を示します。


このままじゃ,動けなくなったらどうするの!
ケアマネージャーさんとも相談してやってるの!・・・と爆発してしまいました。
親子で,お互い遠慮がないだけに最悪です。


『両親のため』と元気にはり切っていた私の細胞は,噴火によるダメージを受けてしまいました。


考えてみれば・・・
ゆったりとした時間の流れの中にいる両親の生活の中に,パワー全開・スピード狂の私が,最近頻繁に入り込んで,あちこち悪さをするのですから,たまったもんじゃなかったのでしょう。
異分子の勝手な行動に反撃するのは,当然のことなのかもしれません。

『時間をかけてゆっくり』
『待ってあげること』
これが私に最大に欠けているところです。

11月。
一ヶ月かけて,説得にあたり,
ようやく『プチリフォーム』は承諾してくれそうな所までたどり着きました。

ところが・・・
肺炎を起こして,父が突然入院です。
また,我が家の非常事態になってしまいました。

幸い,私が仕事を休んでいるので,母の手を煩わせることなく,
病院の手続きから入院準備まで出来ました。

何だか,今年病気で休職したのは,『偶然ではなく必然?』なのかもしれないと思ってしまいます。

ガーデニング

2010年11月13日

毎年,パンジーの苗がお店に出始めると,そわそわしてきます。
今年は,なかなか重い腰が上がらず,苗を横目で見ながら通り過ぎていたのですが,
ようやく,枯れた花のプランターをひっくり返しました。

パンジー,ビオラ,アリッサムの苗を買ってきて,春の花の寄せ植えです。

花の植え替えは,我が家の愛犬ミルキーとの戦いでもあります。
ミルキーは,さんざん,枯れた花をひっぱりまわして,疲れて休憩中です。

milky1113_convert_20101114122210.jpg

ミルキーには,お気に入りの花があり,その花は被害の対象になります。
チューリップは掘り返して球根を食べ,ミントやタイムは食べ散らかします。
ミニトマトは,全滅したため,今年はハーブ・野菜園(狭いコーナーですが・・)に柵をしました。

数年前からは,パンジーの花の美味しさ?に目覚めたのか・・・・
パンジーを引きちぎって食べ始めました。
庭に10ポット位並べていたパンジーのプランターが,ミルキーの餌と化してしまいました。

それからは,ミルキーの届かないところへ避難して並べることにしています。

milky1114_convert_20101114122019.jpg


ウッドデッキの上に並べ,植え替え終了です。
ミルキーは,物欲しげな顔で,見ていましたが・・・・残念ながら届きません!

pangy4_convert_20101114122257.jpg




娘の涙

夕方になりました。

「授業が終わったら来るね・・」
と,ちゃらちゃらと出かけていった次女が病院に来ました。

ベッドに腰掛けて,
普段のように,自分のペースでぺちゃくちゃおしゃべりが始まります。
他愛のない話ですが,楽しいです。


ひとしきりの話が終わり,静かになったなぁ・・と娘の顔を見ると

涙が流れています。

姉に,「こらぁ・・だめじゃん・・!」
と背中をつつかれていましたが,

「何だか・・・悲しくなった・・・・」
と,声を出さずに涙を流していました。


ベッドで寝ている私を見て,何を感じていたのでしょうか?


家族にいっぱい心配をかけているんだ・・・と思います。


夫と二人の娘のことは,本当は一番書きたいことなのですが・・・
今は,まだうまく綴れません・・・





Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。