Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい風

2011年4月9日

新年度の一番忙しい1週間が過ぎていきました。
就任式・始業式・入学式・離任式・・・と新年度の行事を終え,ひと段落です。

可愛い1年生が65名入学し,『新しい風』が学校に吹いてきました。

専科なので,1年生の担任と一緒に下校指導に出ています。
まだぶかぶかの制服の上から背負ったランドセルが,肩から落ちそうになりながら歩いています。

陸橋の上を吹く春の風は強く,黄色い帽子が飛ばされそうになります。
「みんな! 帽子を押さえて!」
と叫びながら・・(私もウイッグが飛んでいかないように・・)しっかり押さえて渡ります。

毎年,新入生の帽子が飛ばされて,『黄帽捜索隊』が出動しています。
川に入って取りに行ったこともあるんですよ・・・
無事,帽子を救出して戻ってくると,
「先生・・・すごぉい・・・」と拍手が起こります。
ちょっぴり自慢ですが・・・そんなことをしていると,次の授業に間に合わないので大変です。

迎えにこられたお母さんを見つけると・・・
顔がぱっと・・・輝きます。
お母さん以外は見えなくなってしまうので,危なっかしいのですが,
ちょっと緊張した1年生の表情から,幼い子どもの表情に戻る可愛い瞬間です。


春の風は,暖かく,希望に満ちています。
今年の1年生は,どんな新しい風を運んでくれるのでしょう。

スポンサーサイト

出会いの季節

2011年4月5日

明日から新学期,新しい学年がスタートします。

私は,3年2組の担任代行業務を終えて,4月から音楽専科です。
みゅーじっくTeacher に戻りました。

今日は,新6年生が登校して,明日の入学式の準備に大活躍です。
担任の先生は誰だろう・・・と
職員室をちょっぴりのぞいたり,教室の移動した荷物で予測したり・・・
明日の担任発表が待ちきれない・・・可愛い子ども達です。


明日は始業式・入学式。
きらきらした子ども達が期待に胸を膨らませて登校してきます。

新しい子ども達とのどんな出会いが待っているのでしょう。
楽しみな1年の始まりです。


この1年・・・ちゃんと勤めることができますように・・・

別れの季節

2011年3月31日

今年度もあと1日を残すだけになりました。
1月に仕事に復帰したばかりなので,本当にあっという間の平成22年度でした。

毎年この時期は,同僚の先生の異動で,寂しい気持ちになるのですが,
今年も大変お世話になった先生と明日でお別れです。

養護教諭のI先生は,元気いっぱいの学校のお母さんのような存在です。
保健室は,いつもにぎやかでした。
病気やけがをした子だけでなく,私たち教師の癒しの場でもありました。
毎日冗談や愚痴を言い合いながら,元気をもらって過ごしてきました。

私が病気になったときも,両親の看護のことで悩んでいる時も,
自分の事のように心配して,一緒に考え悩んでくれました。

化学療法をするべきかどうかで迷っている時・・・
美味しい和食のお店に連れ出してくれ,
「どっちを選んでも,あなたが決めたなら,それが正しい選択・・・」
と,応援してくれました。

職員室の席もすぐ前なので,放課後たくさん話をし,
ストレス解消して帰宅していたのが,毎日の日課でした。


明日でお別れだと思うと,胸がいっぱいになってしまいますが・・・


I先生の新たな旅立ちです。

笑顔でさよならを言おう・・・と思います。



卒業式

2011年3月19日

今日は,卒業式・・・旅立ちの日です。

今週は,なごり雪が降って寒い日が続いていましたが,
今日は,久しぶりに穏やかな日差しで春の陽気になりました。
新たな旅立ちを祝福する明るい空です。

卒業式は,特別な日なので,6年担任の先生は袴姿で入場です。
体育館の空気もピンと張り詰めています。

私の緊張も高まってきました。
ピアノ伴奏の時が,近づいてくるからです。

普段の音楽の授業の時は,指の痺れはさほど気にならなかったのですが,
卒業式歌のピアノ伴奏は緊張します。
緊張すると,指先が冷たく,手の痺れがひどくなり,
式練習では,3番くらいまで伴奏していると,力が入らなくなっていました。

指先に力が入らなくなると不安になり,肩に力を入れて,腕の力で弾いてしまいます。
練習の時は,力の入りすぎた粗い演奏で,途中で止まってしまうかも・・・
と,どきどき状態でした。

今日の本番では,腕にほかほかカイロを巻きつけて,万全の態勢を整えました。
音は,かなりはずしてしまいましたが,4曲の伴奏を無事終えました。
卒業生の『旅立ちの日に』の歌は,感動の涙・・・でした。
この場に,戻って来られた事に感謝です。


しかし・・・
『タキソテール』の治療を終えて6ヶ月・・・痺れはなかなか治らないのですね。
強力な抗癌剤です!


信じられません・・・

先週から,突然,3年生の担任代行です。

それぞれに事情を抱えて仕事をしているのですから,しかたありません。
仕事に復帰したのですから,自分の都合ばかり言ってはいられないのですが,

『専科の授業と評価,両親の介護に加えて,担任の仕事までも?!』

『自分の力の許容範囲を超えている!・・・』

『忙しい・・・忙しい・・・なんで,こんな時期に・・・』

と,忙しさに心をなくしそうになっていました。



そんな時
テレビから『地震の惨状』・・・がとびこんできました。


信じられません・・・


一瞬,映画を見ているような・・・悪夢でも見ているような錯覚に陥りましたが,
現実に起こっていることなんですね。


どれだけの被害なのか・・・


津波の下にも,流された家の下にも,炎の下にも・・・
たくさんのかけがえのない命が,一刻も早い救助を待っているに違いありません。


普通に生活できていることが,どんなに幸せなことなのか・・・
文句を言っている自分が恥ずかしくなります。


地震の被害に遭われた方が,1日も早く普通の生活を取り戻すことが出来ますように・・・と
祈るほかありません。


癒しのピアノ

3月になりました。

旅立ちの季節 です。


今年の卒業生の歌う曲は「旅立ちの日に」です。
卒業式の定番の曲で,子ども達もとても気に入って歌っています。
ピアノの前奏・間奏部分も心に沁みるメロディで,とても好きな部分です。

幸せなことに・・・
今年度,音楽室のグランドピアノの修理が奇跡的にあたっていたのです。
『絶対だめだろう・・・』と思いながらも,修理希望を毎年出していたかいがありました。

30年以上弾きこまれ,鍵盤がゆがみハンマーがへこんでいたピアノで,
オーバーホール・・・とまではいかなかったのですが,ハンマーの交換をしてもらえたのです。

修理をされた調律師の方は,
「純正の部品なら,もっといい音になるのに・・・」
「ハンマーを交換する時は,弦も一緒に換えるべきですよ・・・」
と,散々ぼやいていましたが,教育委員会の財政では限られた修理です。

専門家には,物足りない修理だったようでしたが,
ハンマー交換を終え,調律されたピアノは,今までとは全く違いました。
指も引っかからず,滑らかなタッチで,音色も柔らかです。
ヘタな私のピアノが,上達したかのように聞こえます。


1年近くも,練習をさぼっていた私でしたが,
今は,音楽室のピアノの音色に癒されています。


卒業式本番で,指が転ばないように,しっかり練習しなくては・・・

あなたにありがとう

2011年2月18日

『乳癌』の手術をして1年,今日は『手術記念日』です。
手術後のベッドの上,たくさんの管のついた状態で,
『これからどうなるんだろう・・・』と,不安でいっぱいだった日のことを思い出します。

1年立った今,私は仕事に復帰し,
生命力にあふれた子ども達と一緒に『音楽の学習』をすることができています。
毎日,子ども達と歌を歌っていると,『生かされている自分』を感じます。


あなたにありがとう   中山真理

あなたがいたから がんばってこられたんだね
一人ぼっちなら とうにくじけてた
あなたがいたから 元気でいられたんだね
いつも励ましてくれてたからだね

*どんな時も 支えてもらったから
 辛いこと 嫌なこと いつしか忘れてた

 あなたにありがとう ありがとう ありがとう
 いつまでも大事な宝物 そばにいたこと

あなたがいたから 楽しく過ごせたんだね
けんかをした日は 笑えなかったよ
あなたがいたから 優しくなれたんだよね
意地悪な気持ち 消えていったよね

(*くりかえし)


この1年,私を生かしてくださった方に,感謝の気持ちを込めて・・・

たくさんの あなたにありがとう

疲れたぁ!

ハードな1週間でした。

学校で,授業をしている時は,『幸せ』な気分で満たされているのですが・・・
6時間終わると,くたくたです。

ノルバデックスの副作用?なのか,年齢に伴う老眼?が進んできたのか・・・
遠くも近くも見えにくくて,頭が痛くなります。
近視用のメガネをかけたり・・・はずしたり・・・
見えにくいと,いらいらしてしまいます。


なるべく,放課後の仕事を早く切り上げ,帰りに実家によって,夕食の支度です。
ようやく家に帰ると・・・8時過ぎ・・・
無理があるのかなぁ。

上の娘が,我が家の『夕食のシェフ』を担当してくれているので,本当に助かります。
家に帰って,食事が出来ていると,ほっとします。
料理のレパートリーも増え,腕もあがってきています。
「花嫁修業かなぁ・・・」
と,言っていますが,私の事を心配して作ってくれるのがよく分かります。


何もかも,ちゃんとやりたいと思うのは,『欲張り』なのでしょうね。
復帰できただけでも『幸せ』だと思っていたのに,
どんどん,欲が出てしまいます。


何かを切り捨てる・・・?
何かをあきらめる・・・?

そんな選択をしなくてはいけないのかも知れません。

60点でいい

『1週間の勤務』が,無事終了しました。

1日,6時間の『授業』も何とか切り抜けました。
元気になってきた身体に感謝です。

復帰すると,欲が出て,あれこれ100%の力でやりたくなってしまいます。
久しぶりの『授業』で,子ども達の反応も新鮮なので,つい熱が入ってしまいます。
休んでいた9ヶ月を取り戻そうと・・・必死になってしまう自分がいます。

家庭のこともちゃんとやりたいので,お弁当作り,親の介護も毎日続けていました。


水曜日はメンタルアドバイザーのM先生の相談日でした。
授業が入っているので,ゆっくりお話しすることは出来ないのですが,
どうしてもお会いしたくなり,始業前,相談室にお邪魔しました。

私の顔を見るなり,手を握って
「よかった,よかった・・・すっかり『先生』に戻ったね。」
と,喜んでくださいます。

「ここへ戻って来られたのは,M先生のおかげです。先生にどうお返しをすればいいのか・・・」
と,私が言うと,
「あなたがそう思ってくれてるということは,私も同じくらいのものをあなたから貰っているの。」
「もう,ここへ来なくて大丈夫よ!」と・・・

朝から,涙が出そうになりました。

そして,
「60点でいいのよ。」
「初めから,100点を目指しちゃぁだめよ・・・」と・・・


私の今の状態を,見透かされてしまいました。


本当にすごい先生です。
『60点でいい』と思えば,肩の力が抜けて,すごく気が楽になりました。

3年生 授業デビュー

2011年1月7日

10ヶ月ぶりの『授業』です!

3年生の子ども達とは,初めての『音楽の授業』になります。
チャイムが鳴ると,ちょっとそわそわした様子の可愛い3年生が,音楽室に入ってきました。
音楽の先生が,今日から変わったので,緊張した顔で,私の様子をうかがっています。

私流の授業スタイルがあるので,1時間目はオリエンテーションです。
まず,オープニングの『どんぐり体操』を教えます。
身体を動かすと,緊張がほぐれて,笑顔が出てきました。

次は『発声練習』です。
「歌の声は『あ~ら 奥さまぁ・・・・』の気取った声よ。」
と,練習すると,爆笑です。

ピアノの音で動いたり,CDに合わせて歌って踊ったり,いつもの音楽の授業が戻ってきました。
素直で,約束を守り,反応のいい3年生です。
乾いたスポンジのように,どんどん吸収していくのが分かります。
10歳までの子どもって・・・本当に『天才(10才 ten years old)』です!!!

あっという間に45分が終わり,また来週です。
「楽しかったぁ・・」
「先生,わたし,音楽大好き・・・」
「ばいばい・・・」と,にこにこ笑顔で,音楽室を後にしていきました。


子どもの笑顔って最高です!
本当に『この場所』に戻って来れたことを『しあわせ』に感じました。


授業の時は,ハイテンションで,エンジンフル回転・・・『楽しい時間』が過ぎていったのですが・・・
終わると・・・身体と頭にダメージが・・・

来週から,6時間,まるまる授業が入るのに・・・・こんなことではいけませんねぇ。
あんまり,はりきり過ぎず,まずは『暖機運転』からです。

弱気にならない!

お正月に初詣に行き,おみくじを引きました。

『末吉』・・・です。

一番初めに,『病気』の所に目がいってしまいます。
こんな時,忘れてるつもりでも,気にかかっている事を自覚してしまいます。

『弱気にならなければ治る・・・』と書かれていました。

そうですよね!
メンタルアドバイザーの先生の言われるのと全く同じです。
弱気になっては,『細胞』は元気になれません。

職場復帰して,3日立ちましたが・・・
9ヶ月も休んでいると,今まで出来ていた事が,なかなか上手くいかないこともあり,落ち込みます。
指先に痺れが残っていることを言い訳に,ピアノの練習もサボっていたので,指は動きません。
腕もだるくなって,脇から左胸が張ってくるような感覚があり,不安になります。


『焦ってもだめ』なことは,頭では分かるのですが,心が受け入れてくれません。


明日からは,冬休みを終え,可愛い子ども達が登校してきます。
久しぶりに『授業』が始まります。

今,自分に出来ることをやるしかありません。

最善を尽くし・・・弱気にならずに・・・

Appendix

プロフィール

みゅーじっくT

Author:みゅーじっくT
小学校の音楽教師です。

ちょっとメタボのターリンと二人の娘,愛犬?の4人と1匹の家族です。

2010年2月に『浸潤性乳管癌』と診断され,左乳房温存手術と腋窩リンパ節郭清を行いました。

日々の思いを綴っています。

最新記事

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。